March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

October 02, 2011

秋祭り

今年も、収穫の秋です。
地元の秋祭りで大当(オトウヤ)が部落に回ってきました。
朝7時から孟宗竹の根堀を取り、昔の庄屋さんの所で立てました。
総勢30人くらいいたかな?
子らが立てたときの写真です。

Dsc_0428_2

この後神事が行われました。


Dsc_0429_2

この間に昔からの家とあって。庭に植えている竹を見ていると、なんとタノコが生えていました。
種類はわかりませんが。松茸に劣らず珍味かもしれません。
ほかにも立派なこぎがありました。

Dsc_0423_2

来週の日曜日はいよいよ今祭りです。


July 20, 2011

竹紙の制作

中学生の子供の夏休みの自由研究に竹紙を作ることにしました。
モウソウタケ、ハチクそれにマダケで作ってみることにしました。

まずは竹を細く割り草木灰でアルカリ性にした水にしばらく浸けておくことにしました。

Img_0512


さてどんな和紙ができるやら。

January 02, 2011

かどまつ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
元旦に近くの八幡神社と滝宮天満宮に初詣に行きました。
八幡神社で見かけたかどまつです。

Dsc_0418

商業施設ではないためか讃岐ではやや地味な方です。

松竹梅を飾ってなかなか緑が鮮やかやと思います。

松とか竹が注目されるような年になればいいのですが。。。。


October 24, 2010

収穫の秋

 今年もピーナッツの収穫ができた。

Dsc_0413_2

写真のバックは竹の削りかすです。一年ほど経ちます。もう半年ぐらい寝かせて、夏野菜の元肥にします。

こいつは5月頃種をまき、元肥をほどこしていると、夏の水やりや害虫などの対策もしないですむ。
無精者のオイラにはもってこいの植物です。
これを天日で数日乾燥してプラヤーで殻をはさみ割り、中身をフライパンでいるとビールのお供ととしてもけっこういけます。

February 07, 2010

合格祈願

 まだまだ朝夕は冷えるが、今日は天気もいいし梅ももう咲いているだろうと地元の天満宮に長女の高校受験合格祈願にいった。
Dsc_0171

 初詣は混雑するのが見え見えなのだが、ゆっくり参拝できた。
いろいろ願いを書き込んだ絵馬をみて、合格祈願のお守りと鉛筆セットを買った。
おみくじを引いたら中吉で「高望みはやめて身の丈の学校を選ぶように」と書いてあった。
これで一つふりきれてくれればと親ばかの願い。
 讃岐路は春、いずれにせよ春

August 12, 2009

竹とんぼ

子供の夏休みの宿題で竹とんぼを作った。
Taketonbo1
ところがが、結構大変でうまく飛ばない。
羽の厚さ、傾き、軸の長さや太さの調整など。。。。。
悪戦苦闘の末なんとか完成。
Taketonbo3
ここまで半日かかった。

午後からもう一つ作った。
Taketonbo2

それぞれ、どこかのM社さんちの家庭みたいに今のところすぐに壊れてしまうので「しあわせ1号&しあわせ2号」と名付けました。

今度はもうすこ研究して小学校低学年の子供たちに飛ばせるような竹とんぼを作成しようと思います。


December 05, 2008

ふるさとの風景 Part2

今年も押しせまり、だんだん日常生活もあわただしくなりました。

女房ににも口うるさくなり反省することも。。。。

朝から雨、そして自分の不注意で左手親指を少し切り、納期に追われながら仕事をする一日でした。
でも偶然に、夕方10分くらい降った雨の際、讃岐富士に二重の虹が架かってのを見ました。
つかの間の安らぎかなheart02

このときあることを願いました。。。。
Dscn0878

October 27, 2008

ふるさとの風景

秋たけなわとなりました。
一年で一番すごしやすい季節です。
丸亀城で竹を使ったイベントがありました。

「城跡から見下ろせば青く細い川....金頼むの一言でも言い。」
さだまさしさんの歌のフレーズですが、父親の身になると何とも、恐ろしい歌だと思う。
オイラの家ではそれは、振り込め詐欺だと教育している。thunder

冗談はさておき丸亀から世界へ羽ばたいていく子供には心に残していて欲しい風景です。
Dscn0860

July 15, 2008

末っ子の誕生日

先日、小学校1年の3人兄弟の末っ子の誕生日でした。
夕食は何がいいかと?聞いてみると、さすが親思いです。
「そめん」との答え!!
孟宗竹の大きな器と真竹のだしいれ、それに焼きナス。祖母が買った小さな肉。

これぞささいな誕生会でした。
Dsc_0349

April 27, 2008

世の流れ

先日、高知の山で1株寒蘭を見つけた。
寒蘭は九州、四国、和歌山の太平洋側に自生している蘭で、11月頃花が咲く。

Dscn0835_2
自生しているのを初めて見つけたが、早速鉢植えにした。
花が咲くのに2,3年かかるだろうが世にある銘花と違い、何年たっても自分だけの思い出の銘花になることと思う。


一方こちらはPHSアンテナの撤去である。
Dscn0837
10年くらい前会社の敷地内に設置させてほしいとのことで、設置したものだ。
この世界10年たてばもうお払い箱だ。

ゆっくり時間かけて生まれてきた野生蘭。
便利さと快適さを追求し変化の早い現代の社会。
私としては昔のほうが住みやすいと思うが。lovely

ほんとうに、地方の知事さんが行っているように道路は必要だろうか?(これは、ちょっと飛躍しすぎ。)

より以前の記事一覧